本文へスキップ

人とワンコの豊かな暮らしを応援する DiscDog Society PlyZ

ディスクドッグゲームについてrule

専用コート内においてプレイヤーがディスクを投げワンコがキャッチすることにより、キャッチしたエリアに応じてポイントが発生します。決められた時間の中で、獲得したポイント合計にて順位を競う競技です。投げる距離や回数に応じて獲得ポイントが変わってきますので、プレイヤーとワンコのコンビネーションが非常に重要です!

 ゲームクラス

クラス メンバー
(会員)
一般
(非会員)
クラス説明
オープン(公式) 3,600円
ディスク1枚付
4,100円
ディスク1枚付
限定なし
年間ランキング対象
レディース(公式) 3,600円
ディスク1枚付
4,100円
ディスク1枚付
女性プレ−ヤー限定
年間ランキング対象
ドギーズ(公式) 3,600円
ディスク1枚付
4,100円
ディスク1枚付
犬の体高が40cm以下限定
年間ランキング対象
ノービス 2,500円
ディスク1枚付
3,000円
ディスク1枚付
初心者〜中級者(プレ−ヤー or 犬)
向け
ベテランズ 2,000円
ディスク1枚付
2,500円
ディスク1枚付
犬の年齢が8歳以上
レトリーブ  2,000円
ディスクなし 
初心者(プレ−ヤー or 犬)向け
  参加費は、全て税込価格となっております。
  PlyZ会員に入会ご希望の方はこちらからお申込できます。

 ゲームルール

オープン・レディース・ドギーズクラス(公式ゲーム)
プレイヤーが投げたディスクをワンコが空中でキャッチし、その距離に応じてポイントが得られます。制限時間は、各1分間で、1ラウンド・2ラウンドの合計ポイントにて、順位を決定します。上位チームにおいては、決勝ラウンドに進出し、1ラウンド・2ラウンド・決勝ラウンドの合計ポイントにて、最終順位を決定します。

◆フィールドは 『オフィシャルコート』 で行います。
◆入退場は、スローイングエリア側退場口(IN/OUT)からお願いします。
◆「READY GO!」の合図とともに、スローイングエリアよりディスクを投げることができます。
◆ポイント発生は、ワンコがコート内でキャッチした時点とします。
◆プレイヤーがスローイングエリア外にてディスクを投げた場合はファールとなります。
◆ワンコがコート外でキャッチした場合はファールとなります。(4本足がコート内にあること)
◆「READY GO!」の合図前に、ワンコがスローイングエリアから出た場合は、ファールとなります。
◆ファールの場合、ワンコがディスクをキャッチしてもポイントにはなりません。
◆ディスクは、途中交換可能です。予めラインジャッジに預けてください。
◆1投目のワンコののパイロン外回りはNGです。
◆ジャンピング(4本足が宙に浮いて)キャッチは、+1ポイントとなります。
◆ スローイング方向は、1ラウンド目は当日大会本部にて決定することとします。
◆ 2ラウンド目のスローイング方向は、1ラウンド目と逆側となります。
◆ 決勝ラウンドのスローイング方向は、当日大会本部にて決定することとします。
◆ 同一オーナー、同一犬共に決勝ラウンド進出可能です。
◆上位5位タイ(20チーム以上参加の場合は7位タイ)までが、決勝ラウンドに進出となります。
◆ 糞尿行為は、タイムカットとします。(2ラウンドへは進出できます)
◆当日の事情によりキャンセルが生じた場合は、大会本部に申し出てください。

ノービスクラス
プレイヤーが投げたディスクをワンコが空中でキャッチし、その距離に応じてポイントが得られます。制限時間は、各1分間で、1ラウンド・2ラウンドの合計ポイントにて、最終順位を決定します。

◆フィールドは 『オープンコート』 で行います。
◆入退場は、スローイングエリア側退場口(IN/OUT)からお願いします。
◆「READY GO!」の合図とともに、スローイングエリアよりディスクを投げることができます。
◆ポイント発生は、ワンコがコート内でキャッチした時点とします。
◆プレイヤーがスローイングエリア外にてディスクを投げた場合はファールとなります。
◆ワンコがコート外でキャッチした場合はファールとなります。(4本足がコート内にあること)
◆「READY GO!」の合図前に、ワンコがスローイングエリアから出た場合は、ファールとなります。
◆ファールの場合、ワンコがディスクをキャッチしてもポイントにはなりません。
◆ディスクは、途中交換可能です。予めラインジャッジに預けてください。
◆ジャンピング(4本足が宙に浮いて)キャッチは、+1ポイントとなります。
◆ スローイング方向は、1ラウンド目は当日大会本部にて決定することとします。
◆ 2ラウンド目のスローイング方向は、1ラウンド目と逆側となります。
◆ 糞尿行為は、タイムカットとします。(2ラウンドへは進出できます)
◆当日の事情によりキャンセルが生じた場合は、大会本部に申し出てください。

ベテランズクラス
プレイヤーが投げたディスクをワンコが空中でキャッチし、その距離に応じてポイントが得られます。ベテランズクラスでは、各ラウンド毎に年齢ポイントが加算されます。制限時間は、各1分間で、1ラウンド・2ラウンドのどちらかの高いポイントにて、最終順位を決定します。

◆体調に応じて、1ラウンドのみの参加も可能です。
◆年齢ポイントは、8歳0p、9歳+1p、10歳+2p、11歳+3p、14歳+4p、15歳+5pとなります。
◆フィールドは 『オープンコート』 で行います。
◆入退場は、スローイングエリア側退場口(IN/OUT)からお願いします。
◆「READY GO!」の合図とともに、スローイングエリアよりディスクを投げることができます。
◆ポイント発生は、ワンコがコート内でキャッチした時点とします。
◆プレイヤーがスローイングエリア外にてディスクを投げた場合はファールとなります。
◆ワンコがコート外でキャッチした場合はファールとなります。(4本足がコート内にあること)
◆「READY GO!」の合図前に、ワンコがスローイングエリアから出た場合は、ファールとなります。
◆ファールの場合、ワンコがディスクをキャッチしてもポイントにはなりません。
◆ディスクは、途中交換可能です。予めラインジャッジに預けてください。
◆ジャンピング(4本足が宙に浮いて)キャッチは、+1ポイントとなります。
◆ スローイング方向は、1ラウンド目は当日大会本部にて決定することとします。
◆ 2ラウンド目のスローイング方向は、1ラウンド目と逆側となります。
◆ 糞尿行為は、タイムカットとします。(2ラウンドへは進出できます)
◆当日の事情によりキャンセルが生じた場合は、大会本部に申し出てください。

レトリーブクラス
プレイヤーが投げたワンコとの遊び道具(ディスクまたはボール等をキャッチし、その距離に応じてポイントが得られます。更にレトリーブした時点で、レトリーブポイントが1ポイント加算されます。制限時間は、各1分間で、1ラウンド・2ラウンドの合計ポイントにて、最終順位を決定します。

◆フィールドは 『オープンコート』 で行います。
◆入退場は、スローイングエリア側退場口(IN/OUT)からお願いします。
◆「READY GO!」の合図とともに、スローイングエリアよりディスクを投げることができます。
◆ポイント発生は、ワンコがコート内でキャッチした時点とします。
◆レトリーブクラスでは、偶数ポイント(2p,4p,6p,8p,10p)となります。
◆レトリーブが完了(スタートラインに戻った時点)すると+1ポイントが加算されます。
◆プレイヤーがスローイングエリア外にてワンコとの遊び道具を投げた場合はファールとなります。
◆ワンコがコート外でキャッチした場合はファールとなります。(4本足がコート内にあること)
◆「READY GO!」の合図前に、ワンコがスローイングエリアから出た場合は、ファールとなります。
◆ファールの場合、ワンコがワンコとの遊び道具をキャッチしてもポイントにはなりません。
◆ワンコとの遊び道具は、途中交換可能です。予めラインジャッジに預けてください。
◆スローイング方向は、1ラウンド目は当日大会本部にて決定することとします。
◆2ラウンド目のスローイング方向は、1ラウンド目と逆側となります。
◆糞尿行為は、タイムカットとします。(2ラウンドへは進出できます)
◆当日の事情によりキャンセルが生じた場合は、大会本部に申し出てください。


 ゲーム運営規則について

プレ−ヤーにおかれましては、下記内容にご同意の上で参加をお願いします。違反があった場合には、ご退出頂く場合もありますので予めご了承下さい。

1.ワンコの参加資格は以下の通りです。
狂犬病予防ワクチンおよび3種以上の混合ワクチンを1年以内に接種していること
ノミ・ダニなどの外部寄生虫予防をしていること
健康上特に問題がないこと
2.プレ−ヤーは、大会本部の注意事項に従うこととします。
3.ゲーム中の他者へのやじや誹謗中傷は禁止とします。
4.ゲーム中は、コート以外は原則ノーリード禁止となります。
5.ヒート犬は、ゲームに参加することはできません。
6.ゴミ・ワンコの排泄物は、プレ−ヤーが責任を持ってお持ち帰りください。
7.プレ−ヤーは、原則本名での参加になります。参加者名は公表される場合があります。
8.ルールに記載していない事項や疑義が生じた場合は、大会本部の決定が最終決定になります。
9.ゲームにエントリーした方には、事務局からお知らせのメールが届く事を承諾したものとします。
10.会場内で報道機関及び事務局が認めた者により、映像撮影・写真撮影・取材が行われ、あらゆる媒体で氏名と共に公開される場合があります。プレ−ヤーは、これらの撮影・取材に協力するとともに、肖像権は放棄するものとします。